スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
第1回底辺P祭り 裏話その4
ついに振り分けの話をする時が来てしまいましたorz

いったい江頭Pは何を考え、どのような経緯であの振り分け方になったのか、
非難は覚悟の上で晒しておきたいと思います。
*以下はかなり腹黒で夢の無い内容が含まれます

最初に、ある程度有名なP、もしくは作風が異常に個性的なP(井川KPとか)を各パートに分散。
その後、各パートごとに
1番目はスタンダードな作品
2、3番目は演出が特殊な作品
4、5番目は有名Pもしくは、それに準ずる作品
という具合に配置してきいました。

流れとしては、蔵人P、井川KP、魔汁Pを
各パートの4、5番目に配置することに決定
ありすえPは作品を見て正直扱いに困ったので保留(後述)

この時点では隠れ参加予定の作品が届いておらず
シークレットの位置は決めていませんでした。

そんな中、最初に用意していた4パート分の配置をしていたら
見事にありすえPが余ってしまい、
暫定的に、スタンダード作品としてMIKIsideのトップに配置
(後に激戦区と呼ばれてしまった原因がここにあります。)

そんな中、正式エントリーが隠しも含めると30近くなってしまい
当初予定していた4パートの分割では足りなくなることが確実に

そこで急遽2パートを追加
具体的は、AZUSAsideとRITSUKOsideがそれにあたります。

じゃあなんで、登録の早かった方が追加パートに振り分けられたり
激戦区が放置される事態になってしまったのか、
パート別に説明していきます。

*時系列として
MAKOTOside

AMIside YUKIHOside

MIKIside AZUSAside

RITSUKOside
の順に振り分け&作成が完了してます。
このことを踏まえてご覧ください。

MAKOTOside
一番最初に振り分けが完了したパート
すべてのパート分けの基本形と設定したので
並びのバランスが取れた時点で固定しました。
また他のパートより、やや先に公開する予定だったので
極端な作品はワザとはずして並べました。
(井川KPがここではなかった理由がこれです。)


AMIside
当初は井川KPの作品で締める予定のパートでした。
シークレットが最後に入った理由として
流れを考えると、ここが効果的な場所と判断した為です。


MIKIside
ここはありすえPの扱いに尽きます。
当初は、AZUSAsideの最後に、ありすえPをトレードして配置するつもりでしたが、
AZUSAsideの作品と、どう入れ替えても納得がいかず断念
ネタが入っていれば・・・・・
他の振り分けに関しては通常の処理をしています。


YUKIHOside

ここのサイドは、最初の振り分けをした段階で
知名度的には落ちますが、バランスは取れていたので動かしたくありませんでした。
(自分勝手でスマン^^;)
ただ、このままだとジェノ率が高いの目にみえていたので
保険としてシークレットを投下
結果、魔界のようなパートとなってしまいましたorz


このあたりから振り分けが
いろいろな意味で苦しくなってきます。

AZUSAside

麦茶PとみなみむきPの作品は当初、バラけた配置になっていましたが、
このsideを作った際の組みなおしで、このパートへ配置しました。
(あずさsideですので・・・)
他のsideと比べてもカナリ異質(他が異常)なパートになりました。


RITSUKOside
最後の最後、本当に土壇場で追加したパートであった為
単純に作業スケジュール上の問題で
エントリーが遅めの方を振り分けただけになってしまいました。
今思えば、whoPはMIKIsideに配置するべきでしたが間に合いませんでした。
ごめんなさい;;


おおよそ、ワタクシが何を考えて作っていたのか
御理解いただけましたでしょうか?
説明しきれてない感もありますが、これくらいで御容赦ください。

この間、かなりの神経を使ったのは確かです。
なので「二回目も(マトメ)やってくれ」と言われたら
即答はできません'`,、('∀`) '`,、

補足事項を思い出したらまた書いていきますので
そのときはよろしくお願いします。
あと、避難所掲示板での品評会ですが、
皆さん、好きなようにやって頂いていいのでは?と思ってます。

まあ、せっかく作ったブログなので
自分の作品が出来たら張って告知してみようかとは思いますので
重ねてよろしくお願いします。

最後にEDで締め!


ではまた!







スポンサーサイト
【2007/09/10 17:24】 | 第1回底辺P祭り | トラックバック(0) | コメント(2)
第1回底辺P祭り 裏話その3
本当は前回で裏話を終わらせたかったんですが
カットできる話題が少なくてついに3本目・・・

気を取り直して、まずはIRCの話から
これはタダの気まぐれで、祭りの運営で少し疲れたので
気晴らしにINしてみたのが始まりでした。

そこにいらっしゃったのが、
今回隠れ参加となった しーなP です。

しーなPの祭りの参加に関してはこちらから打診した訳ではなく
IRCに行ったら「祭りの奴作ってます」とのこと・・
他のも有名Pの皆様も作成中との御返事。

うれしい半面、P紹介の時どうしよう・・・ってのが頭をよぎりました。
タイトルが「底辺P祭り」なのに、
どう考えても頂点(しーなPとか、しーなPとか、蔵人Pとか)の方が
前面に出すぎるとさすがに不味いと悩んでいたところ、
誰とは言えませんが、ちんこうPからのエントリーが

この御二方がP紹介で出たら、ものすごい荒れ方をするのは目に見ていたので
悩んでいたところ、どこからともなく

「隠しトラックなんていかがですか~?」
って感じのワタクシにしか聞こえない天の声が(多分、幻聴)

そんなわけで、しーなPとちんこうPはP紹介では出さず
シークレット扱いに決定!
結果的には上記の御二方をはずしても
P紹介OP公開後、かなりの物議をかもしたんですが、
入れていたらさらに上の波乱があったと思います。

まあ、この辺の事には少し泥臭い理由がありまして
お願いとお知らせで隠れ参加を告知して、
それが何処にあるかわからないようにしておけば、
必然的に全部をチェックする事になり
他の参加作品のジェノ率を下げられる効果を期待したものです。

わかむら先生に特別審査員をお願いした理由も似たような効果を期待したものです。
審査を楽しむ為には一通り観ないと、と思う人がいれば
ジェノ率は下がるだろうと予想した上での仕込みでした。



そんなわけで、大会としての演出の仕込みは大体めどがつき
後は振り分けを残すのみとなりました。

前にも書きましたが運営側としての至上命題として、
より多くの人に全部の作品を観てもらうには?

というのがあります。
これは、どんなMADのコンペでも同じだと思います。
それを達成するために取った
ワタクシなりの振り分けの方法ですが、

・同一曲の連続の限界は4~5回と仮定、
 よって1パートにつき4or5作品

・各パートのタイトルは番号を入れると
 後の番号のパートが放置されやすくなる危険がある
 また、見る側の自由を妨げるで番号は入れない。
 どこから見ても違和感のないように、
 また、アイマスMADの祭りなので
 各パートにはキャラの名前を使用

・固定ファン対策として
 知名度の高いPは、基本各パートの後半に
 一箇所に集中しないようにする
 (これについては疑問点を持っている方が多いでしょうから後で細かく説明します)

・オーソドックなものと、ネタ的なものが交互にくるようにする

・パート名を~sideとしたので、多少は考慮して関連性を・・・・・

まあ、こんなところでした。
ここまでくるとタダのパズルです

そして頭が痛い振り分け作業に突入していくことになります。

その4へ続く(まだ終わらないんかいorz)

 
【2007/09/08 21:33】 | 第1回底辺P祭り | トラックバック(0) | コメント(4)
第1回底辺P祭り 裏話その2
さて前回の続きから。
ここからは表面上の流れと裏の流れを平行して書いていきます。

晴れて?まとめ人となったワタクシが最初にやったことは

表の動き、その1
アイマス避難所掲示板に祭り専用のスレを立てる
その際に、なんとなくの大会規定を書き込む

・裏の動き、その1
底辺スレを読んでない人、存在そのものを知らない人のために
大会告知の映像を作る必要を感じる。
どんな風にすれば、とりあえずでも告知の役割を果たすかどうか悩んだ末、
手持ちのMADのボツネタでPride34OPのパロディがあったのを思い出し
これならいける、と変な自信を持って製作をスタート

結果、オーバー10万再生クラスのアイマスPVをダイジェストした
外道な作品が完成(;´Д`)



作る上で考えてた事は、
誤解されてもいいからとにかく派手に
ハッタリはデカイほど良い!をモットーに、製作。
この辺の考えが最後まで続くことになります。
これが後の混乱を招く結果に・・・


・表の動き、その2


避難所掲示板にて大会規定への質問への回答
これが、想像以上に大変で
表現の自由度と大会としての決まり事のバランスも大事なのですが、
運営側として興行としてのおもしろさも考えなければならなかったので
回答の仕方には苦慮しっぱなしでした。

すったもんだの末、大会規定は補足され
・参加資格の制限は無し
・動画の時間は1分~1分半ぐらい、
 あくまで目安なので常識的な範囲内でのオーバー等はOK
・エントリー時のファイル形式や登録方法
などが追加規定として盛り込まれました。

この流れの中で出た話で、
「個別にニコニコにUPしてタグをつればいいんじゃないか?」
との意見は多かったんですが、
それはこれから話す裏の動きに深く関わってきます。

・裏の動き、その2

大会規定がなんとか固まったのと平行して
実際にどれくらいの人が集まるのか?という疑問がでたので
仮という形でエントリー予定を調査することに

自分の思いとしては
祭りとして成立するギリギリのラインは10人
理想は20人の参加でした。

蓋を開けてみれば、仮エントリーの段階で
蔵人P(今思えば・・・)やwhoPの登録があり
総数もあっという間に10を超えて、
祭りとして成立しそうな感じでした。

ここで思ったのが、発表形式とその際の演出の事です。
タグやタイトルでの参加形式だと、祭りを開催していた感じが乏しく
参加作品の再生数のバラツキが激しくなってしまいます。
ましてや大物Pが参入してくる事が確定的だったのでなおさらです。

そんな訳で、何本かを1つにまとめ、複数のパートに分けて発表することに決定!

決定したらしたで考えなければいけない事が発生
具体的には、
・同じ曲が連続するのをどうやって乗り切るか、
・どうやれば高確率ですべての動画を見てもらえるか
この2点でした。

これを一挙に解決する方法として
「どきっ! 審査員だよ わかむら先生」を発動
mixi経由でダメもとで依頼、
数日後OKの返事を頂いて、大喜びのワタクシ

この頃からP紹介と、お願いとお知らせの仕込みを開始しました。

それからしばらくして、IRC #ニコニコアイマスPの集い へ参加。
ここから急展開を迎えることになります。

その3へ続く


 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/09/08 13:40】 | 第1回底辺P祭り | トラックバック(0) | コメント(3)
第1回底辺P祭り 裏話その1
ども、江頭Pことcx0101Pという名でMAD製作活動をしている
人間としてギリギリの者です。

事前の約束通り、底辺P祭りのまとめをやった経緯や、
その過程での裏話を書ける範囲で公開します。

なんのこっちゃ?と思う人はまずこちらをご覧ください。

第1回底辺P祭り 「The First Stage」


↑にある動画を見ていただいてると仮定して
そもそもこの企画はなんなのか?って話をします。

まず2ちゃんねるに
【ニコニコ】底辺Pの集い【アイドルマスター】
というスレッドがある日立ち上がりました。
スレの立ち上がりの経緯はどうでもいいとして
ここでは、自分が作ったアイマスMADを晒してアドバイスをもらったりして
動画編集に関する技術交流の場(ここ大事)となっています。

ある程度、スレ住人の平均技術が上がってきた頃
「なにかの形で技術を競わないか?」
と言う声がちらほら出始めて
ついには競作企画の詳細を決めようと言う流れに^^;

ここで問題となったのは、
・曲縛りなら曲は?
・素材縛りなら素材は?
・テーマなら何?
・・・まあ在り来たりな事につまずいて普通なら流れてしまった事でしょう。

しかし、ここで狂った人が2人ほど登場します!

一人は祭りEDで原案となっていた蔵人P
もう一人は、ワタクシです・・・・

この時のスレの流れって実は

1・名無し(蔵人P)が”アナタのヒトコト”のURLを張って
  「これがいいんじゃない?」的な発言
  その後煽りまくる(ほぼ工作)
  流れは曲縛り、課題曲”アナタのヒトコト”へ傾く

2・名無し(cx0101)が見事に釣られ
  アナタのヒトコトshort verを投下
  曲縛りがほぼ固る

・・・・そうなんです。
short ver作ったの自分です。
曲がありだと思ったんでついやってしまいました。
蔵人Pからすれば2重の馬鹿って事になりますorz

そこはさておいて、おおよそのルールとして
・曲は”アナタのヒトコト"、同一曲での競作なので
 作る側の難易度や見る側の辛さも考慮して
 短くカットしたモノを使用

・素材は自由度を出来るだけ高めるため指定は一切なし

と決まった段になり
誰がまとめんの?ということになりました。
勢いでショートを作ったのと、単純にやりたいと言う気持ちが強かったので

名無し(cx0101)
やります!

と発言してしまいました。

んで、「能力を見せろ」といわれたので
自分のを纏めたマイリストを晒したら
「あそこで江頭を使ったアンタなら任せてもいい」と
褒められてるんだかなんだかわからない理由で
まとめ人として認めてもらえました。

(ど~せワタシはちん〇うPモドキですよ(TДT)と心の中で叫んだのは内緒)

想像以上に長くなったので、第一部完、続きは後ほど

次回は審査員と隠れ参加Pについて

テーマ:ブログはじめました! - ジャンル:日記

【2007/09/07 22:41】 | 第1回底辺P祭り | トラックバック(0) | コメント(0)
NEO EGA


cx0101P(江頭P)の懺悔記録

つぶやき

プロフィール

P名/ cx0101P

P名/ cx0101P
・アイマスMAD職人(らしい?)
・あだ名は江頭P、エガちゃん
・暴走がデフォルト
・誤植に定評がある

・メール
cx0101Pあっとgmail.com

マイリスト

ニコニコミュニティ

音無小烏(コガラス)コミュ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

MONTHLY

カウンター

価格

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。